2009年06月15日

プロレスの哲学。

二日続けてプロレスの投稿です。
ノア三沢光晴の死の報を受け、昨晩はよく眠れませんでした。

プロレスは「ただの八百長」だなんて言わないでください。
確かにブックと呼ばれる台本の存在は周知の事実かも知れません。
でも…
常人なら絶対に耐えられないであろう脳天から落とされる技を受けて、
その後すぐにファイトできますか?
トップロープから腹から落ちてもすぐに起きあがれますか?
やはり、プロレスは超人による達人芸であり最高級のショーなんですよ。

三沢は、馬場−鶴田の王道ラインとアニマル浜口の人の良さを併せ持つ、
稀代のプロレスラーかつプロモーターでありました。
基本的にストロングスタイルでありながらも、
コミカルな試合に対応できる柔軟性も持ち合わせていました。
馬場さんの「明るく楽しく激しいプロレス」の本当の後継者は三沢でした…

マスク剥ぎに怒り、自らマスクを脱ぎ捨て鬼のようなファイトを仕掛けた試合。
自身にとっての大きな壁であった天才鶴田から奪ったギブアップ。
天狗の面を付けて相手の(以下略)

ファイトスタイルや背中に哲学がにじむような華のあるレスラーは、
今の日本には他にはいません、残念ながら。
武藤や蝶野でさえ、彼に比べたら色物のようにも思えます。
彼の死が、プロレスというジャンルの終焉とならないことを祈ります。

本日は、MSNメッセではありましたが、同じプロレスファンである
すけさんと彼への想いを語り合えたことで、少しは眠れそうです。
posted by JASPER-RX at 02:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。