2009年03月23日

イビツ。

本日は午前から大阪出張。
行きの新幹線の車中では、あちこちからワンセグの野球中継の音声が。
ワタクシも例にもれず携帯でWBCを観戦、4回の集中打での逆転劇の際は、
恥ずかしながら声を上げてしまった。
追加招集された「山形の星」栗原は代打出場で三振に倒れてしまったものの、
念願の日米対決を制して日本は見事に決勝進出。スバラシイ。

しかし、決勝の相手は既に今大会で4回も対戦している韓国。
全9試合のウチ5試合を同じチームと戦うハメに。なんだこの組み合わせは。
前回大会の組み合わせにも何とも違和感を感じたものだが、
地域予選の継続やリーグ戦から変則的なトーナメント戦への変更は、
更に大会をイビツなものにしてしまった感が否めない。
優勝候補の呼び声高かったドミニカ、プエルトリコ、ベネズエラとの
対戦もなく「決勝進出」とか「世界一に王手」とか言われても、
どうにもしっくりこない。

日本国内での盛り上がりには欠けるかもしれないけれど、
地域ごとの予選を行うのではなく、各地域の代表をシャッフルして
予選を行うか、五輪のように総当たりリーグ戦を行わないと、
大会としての公平性を欠いてしまうような気が。
もし次回があるならば、競技の発祥国である母国アメリカに敬意を表して、
サッカーのW杯よろしく全試合をアメリカで開催し、もっとバラエティに富んだ
組み合わせが楽しめる大会運営を望む。
どうしてもアメリカが優勝したいなら、他チームは総当たりにして、
「次回大会からはアメリカはシードとして決勝から参加」でもいいや。
変に与しやすい(と思われる)チームを自国グループに集めて、
イビツな大会を開催するよりはまだその方がイイ感じ。

ともあれ、明日は山形の星の活躍と二連覇に期待しよう。
posted by JASPER-RX at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116116124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。