2009年06月22日

けちょんけちょんのパー。

先週土曜日は、清水アウスタにて、
J1第14節モンテディオ山形vs清水エスパルスの一戦を観戦。
家内のご両親は清水在住のエスパルスサポーターなのだが、
モンテディオのユニフォームを着てもらいアウェー側で観戦していただく。
我が両親も当然のようにモンテディオの応援に駆けつけている。
入籍翌日以来10年ぶりの両家顔合わせが、スタジアムの観客席となるとは、
その頃は思っても見なかったなぁ。
090620.jpg

さて試合の方はと言えば…岡崎の凱旋記念スーパーゴールを含め、
4失点を食らったモンテディオが大敗。
まさにけちょんけちょんのパー。
まるで高校生がプロチームに挑んでいるようで、悔しさよりも切なさがこみ上げてくる。
清水のゴールが決まる度にニヤリとほくそ笑む義父と、うなだれるワタクシ。
チームとしての歴史というか、格の違いを見せつけられた試合だったよ。

判断が遅いがためにパスの出しどころがなくなり、
苦し紛れのロングボールや無理矢理狭いところを通そうとしたパスを
簡単に奪われるシーンを幾度見せられたことか。
ボランチは全然動けていないし、
(大ベテランの伊東テルに運動量で負けてちゃダメでしょ)
DFは相手FWのスピードに全くついて行けていない。
FW長谷川悠の孤軍奮闘ぶりが涙を誘う。

「オラほのチーム、本当は強いんだって!!」
なんて勘違いしちゃってゴメンナサイ。


追記
アウスタにて食した鐘庵さんの「桜エビかきあげ丼」は、
スタグルメの域を超えていた。揚げたての香ばしいエビの風味と
控えめにかけたタレのバランスが絶妙で、美味すぎる。
これまで食した各地のスタグルメの中では文句なしのNo.1。

追記2
試合後の両家食事会で出てきた「臥龍梅吟醸無濾過原酒」が
これまた美味かった。しっかりした旨みがありながら、
フルーティーな香りのおかげでキレもいい。
喜久酔といい、初亀といい、静岡の地酒は本当にあなどれない。
Garyubai.jpg
posted by JASPER-RX at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | モンテディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。