2006年09月05日

権威失墜。

パリーグに遅れること3年、
来季からセリーグもプレーオフ方式を導入し、
両リーグが同一の形式および試合数でリーグを運営することに。
プレーオフ方式の善し悪しはおいといて、
足並みが揃ったことは個人記録の面から見ても非常に喜ばしい。

事実、プレーオフ方式を取り入れたことによる、
ここ2年のパリーグの盛り上がりは結構なモノだ。
消化試合が減り、プレーオフ自体も好試合の連続だ。
中日・落合監督らは今まで通りにこだわっていたようだが、
人気アップ・観客増に対し具体的な対案を出せない以上、
プレーオフ方式の導入はいたしかたないだろう。

だが、今回の形式変更の中にどうしても納得いかない部分が。

日本シリーズ消滅、ポストシーズン導入
(前略)シーズン1位がリーグ優勝で、あらためて各リーグ3球団ずつで日本一を競う。新たな名称も定める予定で、歴史ある「日本シリーズ」という名前が今季限りとなる可能性もある。(後略)


去年を例えに出せば、パリーグ優勝はソフトバンクで、
ポストシーズン優勝がロッテとなるわけだ。
…でも、それってポストシーズンがエキシビジョン化しないか?
本場所以外に行われる「日本大相撲トーナメント」みたいにさ。

確かにこの2年間パリーグを制したのは、
リーグ勝率1位のソフトバンクではないし、
納得のいかないファンもいるだろうよ。
だが、そこはプレーオフの試合数を5回戦・7回戦と増やし、
より実力差が出るような形態にするとか、
ゲーム差によるアドバンテージをオプティマイズするとか、
もう少し考える余地はあったんじゃない?

なんにせよだ。
リーグ優勝とは別に行われるポストシーズンでは、
どうやっても日本一決定戦の威厳は保てないよなぁ。
posted by JASPER-RX at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | スワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シーズン1位を優勝と定義づけることもないのではないかな?シーズン1位が優勝なら、POをやる意義は何なのか?と改めて考えざるを得ないし。
それ以前に、日本シリーズが消滅してしまうようでは、本末転倒といわざるを得ないですなぁ、間違いなく。
Posted by ケロタン at 2006年09月06日 22:01
POを設定し、その先に日本一を決めるシリーズを設ける以上、各リーグのPOの勝者がリーグ優勝でなければ日本一を決めるシリーズはただのおまけに過ぎなくなってしまいますよね。POの是非はおいといて、一昨年の西武・昨年のロッテはまぎれもなくパリーグの覇者であるという解釈でなければ、POを設定する意味が無いと思われ。
Posted by JASPER-RX at 2006年09月08日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。