2006年09月20日

渾身の作。

人生を左右する大きな決断を、突然上司に迫られる。
オイシイ話ではあるのだが、少しは考える時間を与えてホシイ。
そんな時は美味い酒でも飲んで気を紛らわせたい。

tatenogawa.jpg

先日実家に帰った際、休業日の酒屋さんに無理を言って
店を開けていただき購入した1本。

純米吟醸「楯野川」出羽燦々 山形・楯の川酒造
若き蔵元の渾身の作で、かなり旨いという評判は聞いていたが、
なかなか手に入れることが出来ず、今回が初飲である。

一口飲んだ瞬間に強い甘味と強烈な旨味が駆けめぐる。
予想以上にどっしりとした酒で驚いた。
根っからの日本酒好きには堪えられない一本かと。
これはあたらオロソカに呑んではイケナイ酒だ。
じっくりと味わうこととしよう。
posted by JASPER-RX at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。