2006年10月16日

引退試合。

昨夜、'90年代のスワローズ黄金時代を支えてきた
二人の選手の引退試合が行われた。
dobashi-yamabe.jpg

一人は土橋勝征
「球界のいぶし銀」とはアナタのためにある言葉でした。
'97年の日本一の際のMVPはアナタだと思っています。
メガネの奥の優しそうでちょっとイヤラシイ目つきが好きでした。

もう一人は山部太
先発・中継ぎ・リリーフと息長く活躍してくれました。
ガラスのハートと怪我のせいで数字は残せませんでしたが、
アナタのちょっと不安定な投球は強く印象に残っています。

'85年の阪神は別格だけど、
ワタクシが物心ついてから見たチームで、
'90年代半ばのスワローズを上回るチームは…
あ、常勝軍団・西武があるな。

岡林・川崎・広沢・飯田・池山・秦…
あの頃のスワローズを支えた選手の大半が現役を去ってしまった。
今でもスワローズは大好きだけれど、
あの頃ほどの熱さは薄らいできてしまった気もする。
同年代の選手が去っていく様を見るのは、やっぱサミシイね。

昨夜のNHK「ケータイ大喜利」のゲストが、
スワローズ公認女子マネージャーの磯山さやかだったのも、
きっと何かの縁…なわきゃねーよな。
posted by JASPER-RX at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25605286

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。