2006年11月10日

古酒。

皆さんは人生におけるプライオリティーを考えたことがある?
ワタクシの人生のプライオリティーにおいて、
「酒」はかなり上位を占めるモノであることは間違いない。
ということで、今日は友人と渋谷でサシ飲み。

焼酎の種類がやたらと多い店ということで期待していたのだが…
「これあります?」
「すいません、それは切らしております」の繰り返し。
だぁーーっ!一徹顔負けの「ちゃぶ台返し」披露しちゃうぞ、オイ!
おまけに隣の席で飲んでる女が、
「ホラ、アタシってばオシャレじゃない?」
などと言い出す始末。自意識過剰だよ。オマエ!気分悪いッ!
適当にその店は切り上げ、前から気になっていた品川の古酒バーへ。

この店はスゴカッタ。
nomikurabe.jpg

これ全部日本酒。
左から、
曽我鶴秘蔵酒(1996年) 温故知新(1992年) NEW AFS(1973年!)
一番古いのに「NEW」とはこれいかに、というツッコミはおいといて、
口の中に広がる凄まじいばかりの香りとコク。
もはや日本酒というよりは上質の紹興酒のような味わい。
自分と同じほどの年齢の日本酒なんてモノは初めて飲んだ。

いやはやこれだけでも驚いたのだが、
その後さらに驚愕するようなシロモノが出てきた。
mirinsyu.jpg

住乃井酒造 長期熟成 本味醂

味醂?と馬鹿にする無かれ。30年モノの味醂である。
なんつーかもう…ポートワインのようなコクのある味わい。
ストレートで飲んでもスゴカッタのだが、
上に生クリームを乗せて飲んだコヤツはまさに絶品。

古酒の凄さを味わうと共に、酒好きでヨカッタと思える店だったなぁ…
結果的に本日は満足満足。
posted by JASPER-RX at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。