2005年09月03日

噂が聞きたい。

昨夜、新聞のTV欄を眺めていて驚いた。
深夜に"ニュー・シネマ・パラダイス"をやるではないか。

私が高校3年生の頃にこの映画は公開された。
戦後間もなきイタリアの貧しい島を舞台に描かれる、
祖父ほども年の離れた友人への愛。
そして男女の愛、親子の愛、映画への愛、故郷への愛…ショックを受けた。
受験という現実が吹っ飛んでいくくらいの衝撃。
未だにこれほど心を揺さぶられた映画は無い。

あれから十数年。
あらためてこの映画を見て気づいたのは、
やはり"郷愁"なんだよな、この映画のテーマはってこと。

新幹線に乗れば数時間で着いてしまう田舎。
携帯電話、メールetc…意志疎通手段の進化で故郷はどんどん近くなる。
"郷愁"という言葉は死語になりつつあるのかとさえ思わされる。
両親には申し訳ないと思いつつも、"郷愁"を深く実感したことは無い自分がいる。
"郷愁"には当然時間軸も含まれる。私はまだ"郷愁"を感じるには幼いのだろうか。
また十年後にこの映画を見たら、もっと大きな感慨を覚えるのかな。


映画の中の一台詞。
「お前とはもう会わない、お前の噂が聞きたい」
これほど旅立ちに際して背中を押してくれるであろう言葉を、私は他に知らない。
【関連する記事】
posted by JASPER-RX at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6509079

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。