2005年09月08日

実験結果。

昨晩の実験について。
カナーリ長い&ちょっと専門的っつーことで、
読まれる方は覚悟のほど。

*昨日は"ある薬"と書いちゃったが、厳密には"薬"ではなく、
 とある"アミノ酸"を飲んでみただけ。
 書き方がまずかったッス。申し訳ございません。
 "サプリメント"と考えた方がいいかな?



さて、今回の実験に関する予備知識について、ツラツラと。

昨晩飲んだのは、グリシン[CH2(-NH2)-COOH]というアミノ酸。
最も単純かつ安定なアミノ酸で、タンパク質を形作る20アミノ酸の一つです。
このグリシン、タンパク質の材料となるだけでなく、
神経興奮を抑制する神経伝達物質としても働くことが明らかになっており、
同様の抑制系物質として、チョコレートに入っているGABAが知られています。
また、多少の抗菌作用もあり、食品の保存料として用いられることもあります。
なんにせよ、体に害を及ぼすような代物ではありません。

で、グリシンが睡眠の質を高めるという面白い報告が、
数ヶ月前に味の素KKからなされました。
ちょっとしたニュースにもなったので、ご存じの方も多いかも。
その時は5へぇ〜程度で流してしまっていたのですが、
先月、コイツが睡眠補助サプリメントとして製品化されたとのこと。
出向中のLabの研究テーマとして睡眠を扱っていることもあり、
こいつぁ追試してみなけりゃイカンでしょッ!ってなワケです、ハイ。

上記の味の素KKの報告によると、経口投与の場合の必要量は3g。
とあるズボラな社員が、1日3回1gずつ飲むところを、
マトメテ一気に3g飲んでしまったらいびきが小さくなったとか。
ニュートンのリンゴ伝説(ガセだけど)や、
ノーベル賞を受賞した導電性ポリマー発見のように、
"偶然性"も科学的発見に必要な一つのファクターなのかもしれません。

ただ、未だグリシンの睡眠に対する作用機序は不明です。
恐らくはGABAの睡眠作用と似たような形なんだろうけど。
ま、そういうワカンナイけど効く薬はワリと多いってコトで'`,、('∀`) '`,、'`


…と、前置きが長くなってしまいましたが、実験結果を。

グリシンをLabの試薬ビンからコッソリ3g拝借致しまして、
昨晩の就寝30分前にサラッと飲んでみました。

(このグリシンは、バイオ系Labならば必ず常備している試薬の一つ。
 実験にそれこそ"湯水のように"使う試薬で、
 試薬特級500gで2,000円強と非常に安価でもあります。
 今回商品化された味の素KK "グリナ"が3g×30=90gで7,000円弱ですから、
 実験用の試薬がいかに安いかお分かりですねっ!)


3gの粉末というとかなりの量なのですが、
爽やかな甘さで美味しいため、苦もなく飲めます。マイウー。
そして心地よい眠りに落ちていくワタクシ…

ZZZ…

そして今朝の目覚め…こりゃビックリ、スバラシーッ!!
"寝付きが悪い"・"眠りが浅い"・"寝起きが悪い"
ってな感じの"睡眠三重苦"orzなワタクシメですが、
今朝の目覚めのなんと爽快なことよ!!
サプリメントなんて気休めだろ、なーんて冷めていたのですが、
いい意味でダマサれました。
頭も体もスッキリ、勤労意欲、食欲、オマケにblog更新意欲も沸きまくり。
質の良い睡眠って大事なのね…

普段からよく眠れる方には全くもって不要な品でしょうが、
5人に1人が睡眠障害という世知辛い日本社会に於いて、
コイツは非常に有用なサプリメントと言えるでしょう。
受験生のテスト前夜ドーピングにもいいかも。

イヤホント、ダマされたつもりで試してみて下さいよ、オクサマ!
薬局で注文すれば、安い実験用試薬買える…かも?
0.1%ほど不純物が入っているので、お薦めはしませんがw
あくまで自己責任でオネガイシマス。m(_ _)m

ワタクシは今夜も飲むべ。
なんだか、味の素の回し者みたいになっちゃったが、キニシナーイ。
posted by JASPER-RX at 18:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グリシンはご存知のように制菌作用があるため、酢酸NaとかのpH調整剤と製剤になった制菌剤として、コンビニ弁当とかには結構大量に使用されてると思いますよ。
ってことは、コンビニ弁当食うとよく眠れるのでしょうか?

....って、マズいこと書いてしまったでしょうか?
問題があったら削除してください。
Posted by 公園の管理人 at 2005年09月08日 19:08
削除なんてトンデモナイっ!
コメント有り難うございます。

食品の保存料としてグリシンが用いられているのは存じています。
ただ、今回の話に関しましては、睡眠の質を上げるためには就寝直前に、
それも一度に3gという大量摂取をしなければいけないというトコロがミソです。
この3gという量ですが、実際に粉末で見ると、そりゃもうかなりの量です。

胃腸で吸収され血中を通り、脳内で睡眠物質として働くためには、
一時的にかなりの血中グリシン濃度が必要になるはずで、
コンビニ弁当等に用いられている程度の量では不十分だと思われます。
恐らく一つの弁当に3gもの保存料は入っていないのではないでしょうか?
Posted by JASPER-RX at 2005年09月08日 19:23
昨日のコメントでドリエルかリアップどっちにしようか悩んだけど、ドリエルだったらあながち嘘じゃなかったのか…
Posted by シンゲン at 2005年09月09日 00:58
ドリエルよりもコッチの方が安全でいいやぁ。
Posted by JASPER-RX at 2005年09月09日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。