2007年05月07日

願わくば。

M山形、昨日の勝利でJ2参入以来初の単独首位だって?
おまけにネモが復活のビューティホーゴール。

ヒャッホーイ!!

いかんいかん、ハシャがないと決めたんだった。

次節は、ラモスも選手も何故か開き直っちゃって、
持ち前の攻撃力が復活した「かに見える」東京V戦。
思い起こせば今回の東京Vの不調って、
M山形が支配した4/1の試合後半から始まったんだよな。
逆にM山形はそれを機に一気呵成の大躍進。

前回の一戦から対照的な成績を残した両チームだが、
願わくばもう1試合だけ東京Vには寝ていて欲しかった。
posted by JASPER-RX at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | モンテディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

リベンジ。

昨年はあまりの人混みに辟易してしまった
LUPICIAの"The Darjeeling Festival"だが、
今年はうまく会場運営できているとのウワサを聞き、
最終日の5日に品川の会場まで出かけてきた。

2007DFJ.jpg

50種を超える春摘み紅茶がズラリと並び、
お茶菓子を食べながら心ゆくまで試飲できる。

こういうのを見てしまうと燃えてしまうのが漢の性。
「負けるとわかっていても戦わねばならないときがある」

50以上の紅茶を完全制覇したときには完全に舌がバカに。
口の中がお茶とお茶菓子で甘ったるい…
一応50種の中から一番好みにあった一品を購入した後、
嫌がる家内を説得し品川のラーメン屋で口の中を洗い流した。

汁モノにさらに汁モノを重ねるという暴挙を働いたワタクシ、
帰路はあまりの「水っ腹」状態に苦悶の表情を浮かべるばかり。
posted by JASPER-RX at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

自制、自制。

J2第13節 M山形vs鳥栖の一戦は、
前半に先制を許し後半早々に退場者を出すも、
ラスト10分にセットプレーからの2得点で大逆転勝利!!
前節はここ数年の中でもベストに近い試合だったが、
苦しい試合でも勝ち点3をもぎ取ったのは素晴らしい。

前節の湘南戦でも素晴らしいFKを見せてくれた石川が、
今節もCK・FKで2アシスト。
精密な飛び道具はいざというときに試合の流れを変えてくれる。
ザイ、ミヤ、勇人、石川という名手に加え、
ゴール前に豊田という高さを得た今年は期待大。
樋口監督のサッカーがようやく浸透してきたのかもしれないが、
補強が大当たりしたのは間違いないね。

ともあれ、今日の勝利によって得失点差で2位に浮上!!
あんまり騒ぐと例年のように後半戦に逆噴射しそうなので、
ハシャギ過ぎないようにせねばね…

それにしても、最近はM山形に高さが出てきたな。
植木監督が最高身長だった頃は今は昔。
posted by JASPER-RX at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | モンテディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

夜空。

福山の新曲の一節。

「東京にもあったんだ、こんなキレイな夜空が…」

心象風景であることは理解できるけれど、
正直東京で「本当にキレイ」な夜空は見たことがない。
どこに行ったら見られるんだ?奥多摩か?
俺の家の周りじゃどんなに晴れても限界等級2等ですよ。
獅子座すら形作れない。

「東京には空が無い」とはよく言ったもんだ、智恵子よ。
posted by JASPER-RX at 01:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

ジレンマ。

今回の都知事選、石原氏に票を入れるのもどうかと思うが、
かといってライバルの浅野氏に入れる気にもならない。
(棄権やオフザケ候補への投票という選択肢は当然無い)
これは一つの社会的ジレンマと言えるかな。

ジレンマという言葉はよく耳にするし口にもする。
ただ、「思考実験・思考問題」としての「ジレンマ」には、
経済学や心理学を勉強しない限りはあまり出会うことはないね。
有名なモノには「囚人のジレンマ」なんてのがあるけれど、
真面目に考えようとしたことはないなぁ。

しかし、先日ある業界紙で面白いジレンマに出会う機会があった。
「ハインツのジレンマ」というヤツだ。
その筋では有名なジレンマ問題らしいが、
なかなか面白かったので紹介したい。

ハインツの奥さんは重病にかかってしまった。
奥さんを治すには高価な薬が必要だが、
親戚友人をかけずり回って金の工面をしても、
薬代の半分にしかならなかった。
薬屋に半額で売ってくれるよう交渉してみたが、
にべもなく断られてしまった。
思い詰めたハインツは薬屋に盗みに入る。
このハインツの行動は正解か否か。

もちろんこの命題に正解はない。

この問題を道徳的規範を試す問題だと考える人(特に教育者)
が多いらしい。しかし、その業界紙の筆者は、
「論理的思考」の持ち主か、「感情的思考・人間関係重視思考」
の持ち主であるかを試す問題であると語る。

ハインツの行動は正解 =論理的
ハインツの行動は間違い=感情的・人間関係重視


であると筆者は言う。
(その理由もその業界紙には書かれてあったが、伏せておく。)

もちろん、一つの問題で人間性全てが図れるわけではないが、
どちらの思考に傾いているのか程度はわかるかもしれません。
理由も含めてたまには思考実験してみてはいかがでしょうか。
posted by JASPER-RX at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

ぶちこわし。

昨夜はだいぶ夜更かししてしまいました。
ボクシングのWBA世界ミニマム級王座統一戦、
新井田豊vs高山勝成の一戦がなんと深夜3:20からの放映。
世界タイトルマッチ、それも日本人同士の統一戦だってのに、
この扱いは酷いよなぁ…

試合の方は非常に競った好試合。
手数に優る暫定王者・高山に対し、
天才的な当て勘で有効打を稼ぐ正規王者・新井田。
正直どちらの勝ちでもおかしくない微妙な内容だったが、
2-1のスプリットで手が上がったのは正規王者。
ここしばらくショッパイ試合が続いた新井田だけど、
久々に面白い試合を見せてくれた。

とここまでは面白い試合が見られて良かったんだが、
気にくわないのは試合後の高山陣営の発言。
「仕組まれてた」
「八百長だ」

うんぬんかんぬん…せっかくの好試合がぶち壊し。
ある程度のホームタウンデシジョンは確かに存在するけれど、
今回はそこまで酷い判定じゃないぜ。

外部の口さがない人間がウワサするならまだしも、
ボクシング界に八百長が横行してると
選手が証言してしまったようなもんじゃん。
タダでさえ最近ボクシングのスポーツ性が疑われてるってのに…


追記
J2第7節 M山形vs愛媛FCは、
M山形が今季最多得点となる3得点を上げ、3-1で快勝。
連敗も2でストップとあり、晩酌のビールが美味いこと。
posted by JASPER-RX at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

低下。

忙しくて心に余裕が無くなっていたとは言うものの、
気晴らしのための社交ダンスは続けておりました。

この1月から始まったばかりレッスンだが、
ワルツ、タンゴ、マンボ、ルンバ、チャチャチャにジルバと、
わずか3ヶ月、それもグループレッスンとしては濃い内容。
ステップ・フィガーも初心者コースにしてはかなり高度で、
リードやホールドまでキッチリ指導される。
カルチャーセンターにしては異例の密度なんだよね。

10年以上前に社交ダンスを習っていた時は、
習った足型を覚えるのに苦労したコトは余り無かった。
教わったステップは大抵すぐに踊れていた。
ところが最近ときたら…
1週間経つと頭の中からスッカリ足型消失。
数週間かけて「ヨッシャ覚えた!」と思っても、
今度は足が動いてくれなかったりと散々…

記憶力・体力低下の著しさに、枕を濡らす日々でございますorz
posted by JASPER-RX at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

花冷え終了?

ここ数日「花冷え」が続いていた東京。
それにも増して冷え込んでいたのはスワローズのチーム状態。
打てない守れない、気を吐いているのは青木と代打の真中だけ。
それでも愛してしまっちゃってるスワローズを応援しに、
残業をブッチ切って一路神宮球場へと向かった。

jingu.jpg

前半は気温同様お寒い内容。
阪神先発のボーグルソンが"超"がつくほどの乱調にもかかわらず、
後1本が出ないタイムリー欠乏症。
山、山、残塁の山…
飯原のプロ初ホームランの1点のみと崩しきれない。
阪神のアニキの一発で追いつかれてしまったときは、
「ああ、今日もまたか…」の思いが頭をよぎる。

ところが今日のスワローズはここからが違った。
崩しきれなかったボーグルソンが降板するやいなや、
2番手Pに襲いかかり、一気の3得点。うひょー。

最終回に守備固めの度会がバンザイエラー、
高津劇場健在など多少のオチはついたものの、
4-1の勝利にて12球団で最も遅い開花を迎えたスワローズ。
さぁ、反攻開始ですぜ、グヘヘ。


ということで、ブッチ切ってしまった残業分を、
これから浮かれ気分でこなそうと思います…


追記
突発行動のため応援グッズの用意をしていなかったワタクシに、
こころよく傘を貸してくださいました左隣のお母さん。
今日は本当にお世話になりました。
古田スワローズの勝利を初めて生で見たという右隣のお兄さん。
ヨカッタネ。
posted by JASPER-RX at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スワローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

スタイル。

Wetな実験から離れ、Dryなマネジメント職に就いてはや半年。
もはや忘れかけたピペットの感触、試薬の匂い。
研究所に顔を出し、白衣の研究員たちと接すると、
「ウラヤマシイ」という気持ちが頭をもたげてくる。
しかしながら、彼らと研究に関するディスカッションを行うと、
研究に対する自分の考えがこの半年で大きく変わった気がする。

「学術的興味を満たす研究」「企業価値を高める研究」

一研究員だったころの前者の研究姿勢から、
最近は明らかに後者の考え方へとシフトしてきた自分。
研究所とのディスカッションにおいて、最も相互理解に
苦しむのも、やはりこの研究に対するスタイルの差。
互いに「良かれ」と思って研究をしているのは確かなのだが、
「自分に対する良かれ」なのか「会社に対する良かれ」なのか。
真っ向から概念論を戦わせたりはしないけれど、
ヒシヒシと意識の差を感じるんだよなぁ…

まぁ、研究員とマネジメント側に意識の差がある時点で、
研究開発企業として未成熟であることは間違いないんだが。
posted by JASPER-RX at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

アカシックレコード。

昨日はエイプリルフールということで、
情報のるつぼたるネットの世界には「これでもか」というくらい、
ウソ8OOが氾濫していたのだが、その中のMyベスト1を紹介。

"カッシーニ、土星の環から音声信号を発見"

Golden_Record.jpg

 NyASAは、土星探査機「カッシーニ」が撮影した土星の環の模様に人工的な音声信号が含まれていることを発見したと発表した。
 この信号を発見した研究チームのSnegy Uhinissac博士は、カッシーニが撮影した土星の環の超高精細画像がレコード盤の表面にひじょうによく似ていることに着目、レコード会社の協力を得てこの画像をアナログレコードの原盤に転写し、膨大な本数の環に沿って正確に溝を切ったレコード盤を作成した。このレコード盤をプレーヤーで再生したところ、「驚くべき内容」の音声が再生されたという。
<中略>
 なお、この発見を受けてカッシーニは当初の観測計画を変更し、今後は土星の南極側に回り込んで環の「B面」のデータを取得する予定となっている。


やってくれるなぁ、流石はアストロアーツ。
スケールが大きくセンスの良いウソってのはステキの一言ですね。
posted by JASPER-RX at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。